Twitter RSS FacebookPage

スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

コラム

リバプールとトッテナムは進歩しているのか

  • 2013.02.03 Sun 21:00
リバプールとトッテナムの新監督による革命は、昨シーズンよりもチームを進歩させたと言えるのか?  talkSPORTが問いかける.


今日の更新は、talkSPORTからの挑発文です。

23節終了時点までの両クラブの成績を、昨シーズンの成績と照らし合わせて良し悪しを決めようというものです。

かなりの暴論ですが、リバプールの現状を見つめ直すにはたまにはいいでしょう。




トッテナムとリバプールでは、アンドレ・ビラス・ボアスとブレンダン・ロジャースの革命によって、多くの物事がもたらされている。彼らはそれぞれハリー・レドナップ、ケニー・ダルグリッシュに取って代わったが、もしプレースタイルと"プロジェクト"についての漠然とした考えに対する疑問が投げかけられるなら、その問題次第では、両チームとも本当に昨シーズンから進歩していると言えるのだろうか。talkSPORTはその事実に目を向けてみた...



◆順位表は嘘をつかない
トッテナムは現在プレミアリーグで4位につけている。これは昨シーズンの彼らの最終的な順位と同じだ。しかし、昨年のこの時期、スパーズはまだタイトル争いの中にいた。レドナップ前監督の訴訟事件と、イングランド代表監督就任の憶測を背景に勢いは衰えて行ったが、3位と言う順位を考えると受け入れられるものだった。事実、スパーズが良い成績を収めたのは順位だけではなかった。勝点やホームとアウェイでの勝利数も良かったのだ。

2011-12シーズン、この時期にトッテナムは49ポイントを集め、アウェイで6勝をあげる一方、15勝のうちホームで9勝と、ホワイトハートレーンを強固な要塞に変えていた。その他は4分4敗で、23戦して44得点25失点だった。

今シーズン、トッテナムはアウェイで6勝、ホームで6勝し、どちらでも同じように勝てることを証明しているが、勝点41にとどまっている。それは昨シーズンのこの時期の素晴らしい勝利記録とは一致しない。それぞれ5試合と6試合、昨シーズンよりも多く引き分け、負けているのだ。また得点と失点両方とも悪くなっているように見える。現在40得点28失点だ。これはアンドレ・ビラス・ボアスの下、進歩しているのだろうか。これらの事実によれば、そうではない。

ではリバプールはどうだろうか。2011-12シーズン、23試合を終えた時点でレッズは38ポイントの5位で、10勝8分5敗だった。その10勝のうち、6勝はアウェイであげたもので、アンフィールドではたった4勝だった。

今シーズン23試合終了して、リバプールは7位に位置している。昨年よりも4ポイント少なく、1つすくない9勝、こちらも1つすくない8分け、そして、重い事実だが、2つ多く負けている。4勝だった去年に比べればホームで6勝と進歩しているが、アウェイでの成績は明らかに劣っている。わずか3勝だ。こちらも、昨シーズンから進歩しているとするのは難しい。事実、順位表をみる限りでは後退している。たとえ昨年と比べてホームの成績が良くなったとみなしたとしても、トータルとしては勝利数が少ないことを考えれば大した意味はない。当然ホームでの勝利は、アウェイでの勝利よりも多くの勝ち点になるわけではないのだ。



◆ビッグゲーム
スパーズファンの何人かはすぐに今シーズンのマンチェスター・ユナイテッド戦の結果(スパーズの1勝1分)を持ち出すだろう。昨年は赤い悪魔相手にいい結果がなかったことを考えると、トッテナムは進歩しているということと、ビラス・ボアスは信用に値することの証明になると。今シーズンここまで、トッテナムはまだ最寄りの二つのライバル相手に勝てていない。ホームでチェルシーに2-4、アウェイでアーセナルに2-5だ。昨年のスパーズはホワイトハートレーンでなんとかアーセナルに2-1で勝利し、1-1でチェルシーと引き分けたと言うのに。(アウェイのアーセナルには2-5で敗れ、スタンフォードブリッジでは0-0で引き分けている)

リバプールの場合はより一層違いが顕著だ。昨シーズンのこの時期、レッズはアウェイのアーセナルに2-0で勝利し、チェルシーにもアウェイで2-1と最大限のポイントを獲得している。またアンフィールドではマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティ共に1-1でなんとか引き分けている。チャンピオンズリーグの勝者相手のアウェイでの勝利を含む、リーグで最も強いチームたちから奪ったきわめて大きい8ポイントが全てを物語っている。

今シーズンは印象薄いことこの上ない。レッズはホームでなんとかマンチェスター・シティとチェルシーから1ポイント取っているが、マンチェスター・ユナイテッドにはアンフィールドで1-2の敗戦、アーセナルにもホームで0-2と敗れている。昨年の8ポイントに比べ、たったの2ポイントだ。事実、ブレンダン・ロジャースのリバプールは、シーズンで一度も順位表で上のチームに勝てていないのだ。やはり、進歩しているという事実を紡ぐのは難しい。



◆評決
ということで、評決を下そう。勝点、勝利数、そして重要なライバル相手のパフォーマンス(少なくともリバプールの場合は)において、リバプールとトッテナムの両クラブは、昨シーズンの今の時期よりも実際に悪くなっている。この事実を変える時間はまだある。しかし、ハリー・レドナップがトッテナムを4位に導き、ケニー・ダルグリッシュがリバプールを二つのカップ戦決勝に連れて行ったことを考えると、正当に問題を改善したと主張するにはビラス・ボアスとロジャースはシーズンの後半でより良いことする必要があるだろう。前進? ハリー・レドナップとケニー・ダルグリッシュなら指摘したがるであろう事実は、別のものを示唆している。


リバプールファンとスパーズファンのみなさん、あなた方のチームは今シーズンここまで進歩していると正当に主張できますか? 私たちが見落としていることはありますか? 教えてください。




talkSPORTの真のメッセージはこうです。

「そう、君たちが考えるとおり、君たちのチームはまだ発展途上だ。この先また栄光を取り戻すには時間がかかるかもしれない。それまで辛抱できるかい?」

自信を持って「YES」と叫びましょう!

さーてシティをぶっ潰すぞ♪

引用元:Why Liverpool and Tottenham have NOT improved from last seaso - [talkSPORT]

カテゴリ:コラム

COMMENT

talkSPORTの記者さん、あなたは去年スパーズとリバプールがこの後。ちょうど2月辺りからどうなってしまったか見落としていませんか?と言いたくなる内容ですね(笑)
ちなみにリバプールは2/7から15試合で4勝、スパーズは忘れもしない2/26から13試合で4勝しかできてません。
他のチームならまだしも、ことこの2チームに関しては、前半期で去年の成績と比べられるのはむしろ栄誉ではないでしょうか?(笑)
ただ、「この事実を変える時間はまだある」の部分だけは確かだと思います。2位以上すら狙えると意気込んでいたスパーズは(主にチェルシーのせいですが)CL権すら逃すことになり、キング・ケニーは久しぶりのタイトル獲得も言い訳に出来ないほど監督としての信用を失うことになりましたが、それだけの時間を以て、ロジャースにはリバプールを仕上げて言ってもらいたいと思います。エンリケも帰ってきましたしね!

> DKdiogiojoさん

コメントありがとうございます!
そうですね、いい時期だけを抜き出して、悪くなった後を引き継いだ監督たちの是非を問うのはフェアじゃないですが、少しでも比較できるほど持ち直したというその考えに賛成ですw
スパーズはレドナップ周辺のごたごたで一気に減速して行ったイメージですね~
自分はケニーは信用失ってないし、今シーズンも指揮を執るべきだと思ってました。谷に落としたのはベニテスで、ホジソンは何もできずに去った後にいきなりタイトルですから、もうちょっとケニー政権を見たかったのが本音です。
とりあえずロジャースには前進し続けてほしいですね!

自分としてはリヴァプールがロジャースのような監督を選んだことは嬉しかったです。
ケニーのサッカーには将来の展開があまり見えなかったし期待より不安の方が大きかったです。ただ状況が状況でしたしキングの偉大さは全く変わらないと思っています。
今シーズンの順位も不安定な守備も不満ですけど内容と期待度はここ数年で1番高いので、気の長い自分としては結果は来シーズンでもいいと開き直ってます。

> ライヤーバードさん

コメントありがとうございます!
そうですね、僕もフロントが長い目で見てくれてることを嬉しく思います^^
そもそもロジャースはタイトルが狙えるのは2年後だって言ってましたし、何よりその「期待感」は何物にも換え難いですよね!
信じてれば必ずまた上がってきてくれる、そう思って応援してます♪

No title

うーん勝点だけで判断されてもねぇ・・・。
リバプールファンなら、毎試合見てれば進歩しているかどうかは明白なのでは??

> NEOさん

コメントありがとうございますm(_ _)m
今更ですが、昨シーズンとは違うことをやり始めたんだから進歩も何もないですよねw

EDIT COMMENT

非公開コメント

Comments
<>+-
Categories

openclose

League Table
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。