Twitter RSS FacebookPage

スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

コラム

冬の移籍市場あと6日

  • 2013.01.25 Fri 18:07



みなさんお久しぶりです!

戻って来れてハッピーだよ、離脱なんて初めての経験だったからね。

今は素直に復帰できてうれしいと思うし、またリバプールのために頑張りたい。

確かに難しい時期だった。卒論や最終レポートが重なったんだ。簡単じゃなかったね。

でもこれだけは言える。僕はリバプールファンを助けるために一生懸命やるだけさ。



はい。

はい。

えー今日のテーマは移籍市場ですw

とは言っても誰が来そうだとか、誰に来てほしいだとかそんな不確定な未来の話をするつもりはありません。

今回は過去5年間、冬の移籍市場でやってきた選手たちを振り返ってみたいと思います!

下に、過去5年の冬の移籍市場で入ってきた選手を一覧表にしました。

きになる選手はハイライトしてあります。


表: 過去5年間の冬の移籍市場で加入した選手一覧
Season Date Name Fomer Club Fee(マン£)
07-08 27-Dec-07 Alex Cooper Ross County 0.1
  11-Jan-08 Martin Škrtel Zenit St Petersburg 1300
08-09 12-Jan-09 Guðlaugur Victor Pálsson Aarhus Free
09-10 15-Sep-09 Michael Ngoo Southend United Free
  13-Jan-10 Maxi Rodríguez Atlético Madrid Free
10-11 13-Jan-11 Jason Banton Blackburn Rovers Undisclosed
  31-Jan-11 Luis Suárez Netherlands Ajax 2300
  31-Jan-11 Conor Thomas Coventry City Loan
  31-Jan-11 Andy Carroll Newcastle United 3500
11-12 17-Nov-11 Seyi Ojo Milton Keynes Dons Undisclosed
  20-Dec-11 Jordon Ibe Wycombe Wanderers Undisclosed
  30-Jan-12 Wales Danny Ward Wales Wrexham 0.1



まずは07-08シーズン。

この時の冬の移籍市場でやってきたのが、今やリバプールの守備の"大黒柱"マルティン・シュクルテルでした。

当時まだヒーピアが現役で、キャラガーもばりばりに活躍していました。

そんな熾烈なポジション争いに飛び込み、あのヒーピアからスタメンを奪取。

これまでずっとリバプールを底から支えてくれています。


次に目を引くのが、09-10シーズンにやってきたマキシ・ロドリゲスです。

アトレティコでキャプテンまで務めた逸材がベニテスの呼びかけに応じてイングランド入り。

前線ならどこでもこなせるユーティリティと、抜群のポジショニングセンスでゴールを積み重ねました。

残念ながら今は故郷アルゼンチンに帰ってしまいましたが、今でもファンに愛される選手ですね。


そして10-11シーズンに加入してきたのが、そう、我らがエースストライカールイス・スアレスでした。

加入の前の09-11シーズンに、アヤックスでリーグ戦33試合35得点と特大のパフォーマンスを披露。

ダルグリッシュが直接会いに行って口説き落とすなど、まさに鳴り物入りでの入団でした。

そして移籍後はいきなりデビュー戦でゴールを決め、同じオランダリーグ出身のカイトと抜群のコンビネーションで得点を重ね、すぐにチームになじみました。

ちなみにこの前はスアレスの誕生日だったみたいですね^^


忘れちゃいけないのが、スアレスと共に2年前加入したアンディ・キャロルです。

ニューカッスルで名を上げたキャロルは、こちらも未来のイングランド代表を背負って立つストライカーとして将来を期待された選手でした。

しかし入団直前にケガを負い出鼻をくじかれると、その後もポテンシャルを発揮できずに苦しむことになります。

そしてパスサッカーを志向するロジャース新監督の就任により、パワープレーを得意とするキャロルはウェスト・ハムにローンに出されてしまっています。



他にもつい先ほどハーツへのローン移籍が決まったエングーや、イングランド期待の若手ジョーダン・イベなどが冬のマーケットで獲得されています。

全体的に前線の選手を補強する傾向にあるようですね。

今年も既にイングランド代表FWダニエル・スタリッジを獲得しており、早くも3試合3ゴールと期待以上の活躍を見せてくれています。

即戦力を獲得して、シーズン後半に向けてペースアップするのが狙いでしょうか。

今シーズンの移籍市場も残すところあと6日。

果たしてさらなる補強は行われるのでしょうか!?



↓↓↓復帰待ってたよ!って方がいたら拍手してってください(≧▽≦)

カテゴリ:コラム

COMMENT

復帰おめでとう。
これからもがんばろ(´・_・`)

> 神さん

コメントありがとうございます!
またこのブログらしい記事を更新していけたらと思ってます。
これからもよろしくお願いします^^

こちらでは初コメントとなります(^^)
こうまとめてみると10-11の冬は激動なものだったことがよくわかりますね^^;
マキシみたいな選手をフリーでさらっと獲得するのが冬らしいのですが、最近は給料面にもこだわってますし、それも厳しいんですかね><。今年は、2~3選手を数百万ポンドで獲得しそうなので、また変わった冬となりそうですね(笑)

> アウレリオ会長さん

コメントありがとうございます!
会長さんのブログいつも楽しく読ませてもらってます^^
やはり大きな収入があった分、2年前は劇的でしたね(苦笑)
今シーズンからようやくFSGが方針をしっかり通そうと動き出したって感じですから、違った傾向が出そうですよね。
とりあえず早く二人目をお願いしたいですねw

お久しぶりです!w
アッガーも冬じゃなかったでしたっけ?
うちのCB二人とも冬だった記憶。
しかしスアレスの獲得は画期的でしたね。

> Koさん

お、お久しぶりですw
おっしゃる通り、アッガーはこのリストに載ってる1年前、06-07シーズンに加入してます! そうすると、08-09シーズンから得点力不足に陥ってるんじゃないかって考えられますね。
そうですねー、今思うとよくこんなタレントが来てくれたって感じです(苦笑)

EDIT COMMENT

非公開コメント

Comments
<>+-
Categories

openclose

League Table
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。