Twitter RSS FacebookPage

スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

コラム

2012年、北米で最もユニフォームが売れた選手は!?

  • 2013.01.05 Sat 00:02





今日はサクサクッと、でもそれなりに面白い記事を紹介!w

てことで、2012年北米で最もユニフォームが売れたプレミアリーグの選手をランキングで紹介します!

カウントダウンで行きますので、一気にページをスクロールせずにゆっくり見ましょうねw

それではさっそく行きましょう。



























第10位

ジャック・ウィルシャー(アーセナル / イングランド)















第9位

香川真司(マンチェスター・U / 日本)















第8位

ハビエル・エルナンデス(マンチェスター・U / メキシコ)















第7位

スティーヴン・ジェラード(リバプール / イングランド)















第6位

クリント・デンプシー(トッテナム / アメリカ)















第5位

フランク・ランパード(チェルシー / イングランド)















第4位

エデン・アザール(チェルシー / ベルギー)















第3位

フェルナンド・トーレス(チェルシー / スペイン)















第2位

ウェイン・ルーニー(マンチェスター・U / イングランド)















第1位

ロビン・ファン・ペルシー(マンチェスター・U / オランダ)









内訳はマンUが4人、チェルシーが3人、リバプールが1人、アーセナルが1人、トッテナムが1人。

やはりプレミアリーグになってから12回の優勝を誇るマンUは人気が高く、昨シーズンのCLを制覇したチェルシーも人気が高いですね。

ただトーレスは成績が伴わないので顔で売れてるのかな(苦笑)

アーセナルからウィルシャーというのはシーズンの大半を故障で離脱していた割にはすごいですね。

ジェラードは、イングランド代表のキャプテンとしてEURO2012で活躍したのが大きかったのでしょう。

あとは北米でのランキングということで、アメリカ代表のデンプシーがランクインしているのが面白いですね。

チチャリートもメキシコ代表というのが効いていると思います。

しかし香川の人気はすごいですね! ドルトムントから鳴り物入りでやって来たとはいえ、北米でここまで人気があるのは驚きです。



さらっと、でもちょっと面白い記事になってたかな?w

最近は移籍のニュースばかりでこのブログで取り上げるべきニュースがないので大変ですw

とりあえず今日はこの辺で。

また次回!



引用元:Robin van Persie top of North American shirt sales - [Official Premier League News]

カテゴリ:コラム

COMMENT

香川スゲー

> 神さん

コメントありがとうございます!
いやーすごい人気ですよねw
彼には是非アジア最高のフットボーラーになってもらいたいと思います!

やっぱ勝者好きですねアメリカ人はw

> Koさん

返事が遅くなってすいません><
そうですね。でもその中で入ってるジェラードはやっぱり流石です♪

EDIT COMMENT

非公開コメント

Comments
<>+-
Categories

openclose

League Table
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。