Twitter RSS FacebookPage

スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

インタビュー

ユースチーム監督マックパーランドのインタビュー①

  • 2013.01.03 Thu 00:33
ユースの監督を務めるマックパーランドはアカデミーの重要性が周囲に理解されていることに喜んでいます.


新年最初の更新は、ユースの監督を務めるフランク・マックパーランドのインタビューです。

マックパーランドはベニテスがユースレベルの選手のスカウトとしてリバプールに連れてきた、若手育成のスペシャリストです。

今シーズンは選手層の薄さもあって数多くの若手がトップレベルで出場機会を貰っていますが、能力があれば誰でもいいというわけではないようです。



もし選手がお金のために来たいと思っても、私たちはそういう者を望んではいません。それこそが真実です。

私たちが選手に与えられるのは成功への道です。私たちには若い選手を起用する監督がいて、今シーズン17、18、そして19歳のレギュラーがいます。

若手たちが監督に話をしに行くのはリバプールのためにプレーしたがっているからです。




スターリング、スソ、ウィズダムなど、これまでロジャースが起用した若手はどれもファーストチームでチャンスを活かしています。

若手成功の秘訣は、ロジャースとの充実したコミュニケーションにあるとか?



監督はよくアカデミーに見にきますよ。彼は私たちが選手とどうしているかを見て、次のスターを見つけたいと思っているんです。

私たちは週に3、4回話します。彼は若い選手たちに非常に注目していて、一緒にやるのを楽しんでいるんです。私たちはたまにU15の選手をファーストチームでやらせてますが、監督はとても気に入っています。

上との関係は今まで通り良好ですよ。

ブレンダンは本当に話しやすく、またフットボールそれ自体に対してと同じくらいクラブに対して熱い情熱を持っています。

彼はアカデミーにやって来て、コーチやパートタイムのコーチたちとも一時間半話すんです。トップレベルの人たちではなく、毎日子供たちと一緒にやっているような人たちと、です。彼らなしでは何もなりませんから。




またクラブオーナーのジョン・ヘンリー氏とトム・ワーナー氏もアカデミーの重要さに気づいており、マックパーランドとの良好な関係を築いています。



新しいオーナーはアカデミーをとてもサポートしてくれていますよ。

彼らはアカデミーにたくさん来てくれます。そして彼らの焦点は若手のフットボールにあるんです。本当にアカデミーの未来を考えてくれていますから、この関係は非常に嬉しいですね。




若手の活躍目覚ましいリバプールにあってかかせない人物、マックパーランド監督。

このブログでも何度か紹介したルドルフ・ボレルヘッドコーチと共に数々の期待の若手を育成しています。

この記事とっても長いインタビューなので今回は途中まで。

次回、マックパーランドの究極の目標とは? 

続きはまた明日(*^o^)ノシ


引用元:'They're helping us recruit top talent' - [Liverpoolfc.com]

カテゴリ:インタビュー

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Comments
<>+-
Categories

openclose

League Table
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。