Twitter RSS FacebookPage

スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

インタビュー

移籍の可能性を否定しないダウニング

  • 2012.12.17 Mon 15:18
ダウニングは試合に出る必要があり、出れないなら移籍も止むを得ないと考えているようです。




先日、リバプールでもがく2人の選手の一人として紹介したダウニング。

skySPORTSが彼のリバプールでの未来について話したインタビューを報じているので紹介します。



監督は言ったよ、移籍を望むならそれは可能だってね。

けどその後僕は試合に出ている。変な状況だよ。

僕は長い間プレーしてきて、試合に出れた時もそうでない時もあった。

その都度僕は可能な限り試合に出れるようやっている。

もし試合に出れないなら、もうフラフラしてられる年齢じゃない。僕にはプレーすることが必要だし、監督にも理解してもらわなければいけないんだ。

どんな状況か、そして1月かあるいは夏にどうなっても、僕とチームは受け入れるしかなくなるだろう。




昨シーズン開幕前、2011年の夏にアストン・ヴィラから移籍金2000万ポンドでやってきたダウニング。

今年で28歳になり、選手としては最も油の乗った時期にリバプールに"ステップアップ"したはずでした。

しかし、リバプールに移籍してからプレミアリーグの試合に36試合出場し、未だ得点0。

2年間在籍したヴィラでは75試合13得点ですから、この数字には失望せざるを得ません。

エンリケがいない時のレフトバックとしてパラパラと出場機会を得たりはしていますが、本人にずっとサイドバックで収まる気はないでしょう。

今後リバプール内でどう折り合いをつけていくのか、あるいは攻撃的なポジションと出場機会を求めて移籍するのか。

これから先どうなるか見守りましょう。


引用元:Brendan Rodgers tells Stewart Downing he can leave Anfield in January - [skySPORTS]

カテゴリ:インタビュー

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Comments
<>+-
Categories

openclose

League Table
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。