Twitter RSS FacebookPage

スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

インタビュー

キャラガー「CLの多くの試合が退屈なものになり得る」

  • 2012.12.11 Tue 23:45
05年のCL優勝に貢献したキャラガーは、今のチャンピオンズリーグの有り方に苦言を呈しています.


チャンピオンズリーグの舞台で91試合戦ってきたキャラガー。

先日UEFAのプラティニ会長が提案した、ELを廃止してCL出場チームを倍増する考えには反対のようです。

そして自身の考えるチャンピオンズリーグの開催方式を提案しています。



フットボールは常に発展しています。時代の移り変わりと共に新しいアイディアも実現される必要がありますが、チャンピオンズリーグの試合数が増えるのは適切なことだとは思いません。

ここ数年グループステージがぱっとしていないのを見れば、より多くのチームがグループステージをまともに戦おうとしない姿を見ることになるでしょう。グループステージへの関心は段々と減ってきています。そして興味は大会が盛り上がる準決勝にのみ行っています。

僕の考えは32チームを維持し、けれども大会の初戦を勝ち抜き方式にして、全ての出場チームに勝利することを必要とさせるんです。そうすれば、例えば今年はマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、そしてチェルシーはトーナメントの最初に一か八かの勝負をしなければいけなかったでしょう。

そして4チームずつ4つのグループが残され、そのトップ2が準々決勝に進めるようにします。そうすればグループステージのすべての試合が何かしらの意味を持ち、高いクオリティになると常に保証できるでしょう。

トーナメントのドローはシードが組まれます。なのでバルセロナとレアル・マドリーが当たるという状況はあり得ないでしょう。

中には小さなクラブやプラティニ氏が新案で参加させようと考えているような国には不公平だと言う人もいるかもしれません。プラティニ氏はそういったクラブの手助けをしようとしていると思われるべきです。しかし、彼の考えはグループステージからその要素を取り除くことになってしまうんです。

大会の小クラブは、絶対に自分たちが大会に参加していることを示したいと思うべきでしょうか? 彼らがさらなる興奮を巻き起こすことはないと言えるのでしょうか? 失うものが多ければ、どんなチームを相手にするかに関係なく、全てのシードチームがフルに大会に力を入れると保証できるはずです。それが次々とより良い試合をもたらすんですよ。

もしすべてのグループが、今シーズンのレアル・マドリー、ドルトムント、アヤックス、そしてマンチェスター・シティーのいるグループと同じクオリティだったらすごいことじゃないですか?

グループステージで32チームもいることの問題点は、多くの試合が退屈なものになり得てしまうということです。例えばW杯のグループステージは、EUROと同じ激しさはありません。
(※EUROはGSで16チーム)

もちろんこのアイディアは、初戦で敗退してその後の収入を逃してしまう恐れのあるビッグクラブから反対されるでしょう。けれども、それが戦いをより面白くて刺激的なものにするんじゃないでしょうか。

チャンピオンズリーグの目的は全てのグループの試合が意味を持つことでなければいけませんが、今週行われた試合をいくつか見ると、時折そうはなっていません。

1992年にチャンピオンズリーグ
(※当時チャンピオンズカップ)が改修された時、誰も出場チームがレベルを落として戦うなど考えませんでした。しかし、それが今の現実なんです。



 先月末のプラティニ会長の発言を受けたキャラガーの意見でした。

まとめると、出場チームは32チームのままで初戦をノックアウトステージにする。そこで勝ち残った16チームでグループ分けをしてグループ上位2チーム、計8チームが準々決勝に進出するというものです。

この案の是非は置いておいて、キャラガーの言うとおり最近のCLグループステージは活気が失われているという意見には同感です。

リバプールが出てないからというのはありますが(涙)、結局はレアル・マドリ―やバルセロナなどビッグクラブ同士の試合ばかり注目が集まって、他の組み合わせはどんどん軽視されているように感じます。


 またプラティニ会長の案に対しては、ミッドウィークの試合が増えるという点でクラブにとってマイナスな部分が多いと思います。

そしてそれは選手層と言う点で、特に4大リーグ以外の国のクラブ、本文中でプラティニが手助けすべきと言われていたクラブたちほど困難な状況になるでしょう。


 こういった点を考えると、出場チーム数を変えずに面白さを見出すには、キャラガーの案もないがしろにできないなと思いました。


 プレミアリーグになってからここ最近は「カップ戦に強い」と言われていたリバプール。

チャンピオンズリーグに出れなくなってもう3年が経ちますが、次にその舞台に戻るころには以前のチャンピオンズリーグとは違っているかもしれませんね。


引用元:Carra wants Champions League changes - [Liverpoolfc.com]

カテゴリ:インタビュー

COMMENT

キャラガーの案は面白いですね。初戦からスリリングな試合が行われるのはいいことだと思います
リヴァプールも早くあの舞台に戻りたいですね。自分はリヴァプールが出場しなくなって見たCLの試合は一試合もありませんwww。

> ケリーファンさん

コメントありがとうございます!
自分もリバプールが出てないのでほとんど見てないです苦笑
早く戻って欲しいですね!!

EDIT COMMENT

非公開コメント

Comments
<>+-
Categories

openclose

League Table
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。