Twitter RSS FacebookPage

スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

その他ニュース

胸に咲くポピーの花

  • 2014.11.11 Tue 20:46


プレミアリーグを見る皆さんなら一度は目にしたことがあるであろう、胸に着いたポピーの花。

国外の(日本の)ファンからすれば、シーズン中なんか赤いマークつけてる時あるよなーくらいの認識が大多数じゃないでしょうか。

けれどフットボールの本場イギリスにとってはとっても大切な時期なんです。

今日はプレミアリーグファンとして、少しイギリス文化に触れてみましょう、そんな感じでお送りします。




・戦没者追悼記念日(Remembrance Day)とRemembrance Sunday


戦没者追悼記念日は1918年11月11日に第一次世界大戦が休戦したことを記念した日です。

第一次大戦によってイギリスは90万人以上の犠牲者が出ました。

この11月11日の午前11時には、イギリス全土で2分間の黙祷をします。

そしてこの日に最も近い日曜日をRemembrance Sundayとし、追悼式典はこの日に行われます。


・ポピー(ひなげし)の花

ポピーの花は「フランダースの野に(原題:In Flanders Fields)」という詩によって、追悼記念日の象徴として親しまれるようになりました。

ポピーは、第一次世界大戦中のフランダースでいくつか最悪の戦場となった場所に咲きました。

ポピーの花の鮮明な赤色が戦争で流れた血のシンボルとなったんです。




・プレミア流の戦没者追悼記念日

このようにイギリスの人たちにとっては大切な日となっている、戦没者追悼記念日。

プレミアリーグの各クラブでは、記念日前の週末に各クラブで胸にポピーのマークを付けて試合に望むようになりました。

リバプールも毎年ポピーのマークを付けて試合を行い、そのユニフォームをオークションに寄付することで貢献をしています。

今年はthe Royal British Legionに寄付したようです。


今日は戦没者追悼記念日についてでした。

今まで赤いパッチに疑問を持っていた人もスッキリしたでしょうか?

それでは今日はこの辺で。

もっと詳しく知りたい人はこちら
赤いひなげしの花がシンボル  -英国の「リメンバランス・サンデー」とは? [小林恭子の英国メディア・ウオッチ]

[参考]
Reds to show respect with poppy shirts - liverpoolfc.com

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへにほんブログ村 サッカーブログ リバプールへ

カテゴリ:その他ニュース

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Comments
<>+-
Categories

openclose

League Table
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。