Twitter RSS FacebookPage

スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

その他ニュース

NextGen出場のリザーブチームに新ホームグラウンド

  • 2012.10.29 Mon 21:14
今日の更新はリザーブチームに関するニュースです。


みなさんはNextGenシリーズというものをご存知でしょうか。



NextGenシリーズとは、『19歳以下の選手で構成されたヨーロッパのクラブチームによるサッカーの大陸選手権大会』(Wikipedia)のことです。

以下Wikipediaの説明を要約しますと、2011年に育成年代の選手に国際舞台の経験を積ませるために創られ、昨年は11か国16チームが参戦、グループステージを勝ち上がった8チームによるトーナメントで争いました。

第1回の昨年はインテルがアヤックスを倒して優勝。

今年はさらに9つのクラブが増え、24チームで争われます。


Langtree Park (Wikipedia)

そしてこの度、我らがリバプールのリザーブのNextGenシリーズにおけるホームグラウンドとして、ラングツリーパークというスタジアムを使うことになりました。

このラングツリーパークはリバプールから東に約20㎞行ったセント・へレンズという町にあり、主にラグビーリーグのグラウンドとして使われる1万8000人収容のスタジアムです。

写真を見る限り結構立派なスタジアムで、リザーブやユースの試合が盛り上がってますます注目度も上がるんじゃないでしょうか!


そして今回の決定について、以前『ピンチをチャンスに変える若きレッズだち -次のスターリングは誰だ!?-』で紹介したリザーブチームの中でも期待の"若手"、ジョーダン・アーイブ君がインタビューに答えています。

そちらも紹介しましょう。



ここは素晴らしいスタジアムで、ラングツリーパークでのNextGenシリーズのホームゲームをプレーするのが楽しみです。

昨シーズンのアヤックス戦では僕はベンチにいました。僕はラングツリーパークの雰囲気が素晴らしかったことを覚えてます。

僕たちがNextGenシリーズでうまくやりたいと思っているので、上手く行けば今シーズン再び彼らは応援しに来てくれるでしょう。

これが僕が始めてNextGenシリーズでプレーするシーズンですし、とても楽しみです。だから僕は本当に興奮しています。

僕は昨シーズンにマルセイユを倒したプレーオフでプレーしました。あれはヨーロッパのチーム相手にプレーするいい経験になりましたよ。

ヨーロッパのような異なるプレースタイルを持ったチームとプレーするのは普段と違うから、自分自身の大きなテストになります。




アーイブは昨季のNextGen王者のインテル相手にイタリアで2-3と惜敗したシーズンスタートの試合で先発しました。



インテルと試合したことは素晴らしい経験になりました。僕たちには16歳の選手がたくさんいて、負けはしましたがかなり良いプレーができたと思いました。

NextGenシリーズでプレーするのは僕たちの成長に役立ちます。インテルやドルトムント、ローゼンバーグのようなチームと戦う時はその経験が助けになるし、僕たちは力のあるチームとセントヘレンズで試合するのが楽しみなんです。




NextGenシリーズは現地時間の11月13日の19時にローゼンバーグ戦が行われる予定で、28日はドルトムント戦も控えています。

またU21ユースのチェルシー戦も11月18日にラングツリーパークで行われる予定で、これからはこのグラウンドがアカデミーの試合のメイン会場となるでしょう。

若手の成長著しい今のリバプールにとって、今回のことはきっと追い風になるでしょう。

これからもどんどん有望なヤングスターたちが出てくることを願って、応援していきましょう!


引用元:
Teen ready for Saints challenge - [LIVERPOOLFC.COM]
Langtree Park - [Wikipedia]
NextGenシリーズ - [Wikipedia]

カテゴリ:その他ニュース

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Comments
<>+-
Categories

openclose

League Table
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。