Twitter RSS FacebookPage

スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

インタビュー

努力を惜しまないロビンソン

  • 2012.10.24 Wed 20:44
"今日もなかなかたっぷりな更新内容です!

今日紹介するのは公式サイトに掲載されているジャック・ロビンソンのインタビューです。

今季はフラナガンのケガもありウィズダムと共にDFラインで活躍する若手の一人となっているロビンソン。

今の若手にチャンスが回ってくるチーム状況を素直に喜んでいます。



今シーズン、自分をアピールするビッグチャンスだと思う。

今年は僕にとって最高の年さ。怪我もないしなんとかトップチームでも数試合か出場してる。だからこれまで本当にいい感じだよ。プレーを改善し続けて、僕に何ができるか監督に見せていれば上手く行けばもう少しチャンスをくれると思う。チャンスが貰えれば、いつかポジションを自分のものにできるはずさ。

監督の下やっていくのはとても楽しいし、監督も本当にいい人だよ。監督には僕に何ができるか見せるよう求められてるし、ポジション争いに関してはプレッシャーだよ。だから僕はチームに定着するために出来る限り努力し続けるよ。

トップチームでの日々の練習はとにかくすごい。先輩達から本当に色々学べるんだ。

今シーズン監督が若い選手たちにチャンスを与えてるのを見るととても自信が湧いてくるんだ。ラヒームはすごいプレーをしてるしスソも良くやってる。アンドレも来て良くやれてる。互いに頭角を現してきてる若い選手たちとなら自信も最高潮さ。僕たちはみんなアカデミーから上がってきて、U18でも一緒にプレーしてきた。そして今、トップチームでチャンスをつかむことはとてもすごいことだよ。




また今シーズン初めて先発したELグループリーグのウディネーゼ戦を振り返って、チームの大先輩と一緒にプレーできたことが嬉しかったようです。



あの試合で、特にジェイミー・キャラガーと並んでプレーしたのは最高だった。彼にはたくさん助けてもらったんだ。彼と一緒だとプレーするのがとにかく楽になるんだ。あとヨーロッパリーグの舞台でアンフィールドでプレーできるのは特別なことだよ。

僕はいつもTVでヨーロッパのカップ戦を見ていたんだ。あそこは誰もが立ちたい場所だと思ったね。




成長著しいロビンソンは、前回のインターナショナルブレイクでU21イングランド代表にも初選出していました。

結局セルビア戦には出場せずに終わっていましたが、代表での活躍を決意していいます。



インフルエンザになっちゃって、ドクターには練習するなと言われたんだ。でもチームの一員になれたことはすごくいい経験だったよ。

たぶん前に進んでいいプレーをし続ければ、またU21イングランド代表でチャンスをつかめるだろう。けどまずはリバプールのこと、そしてチームに定着することに集中しなくちゃいけない。




ここまで順調にフットボーラ―としての階段を上がっているロビンソンですが、その成長にはアカデミーのコーチの存在が大きかったようです。



ロドルフ(現U21ヘッドコーチ)は僕の選手人生に大きな影響を与えている。彼は高い水準を求めるんだ。それは僕が試合で向上するのに大いに役立ってるよ。

僕はアカデミーのコーチを全員とても尊敬している。彼らが僕を今の場所まで育ててくれたからね。

U18チームから成長して今メルウッドでトップチームの選手とトレーニングしてるのは素晴らしいことさ。監督は僕たち若手にチャンスをくれる。そして信頼してくれるんだ。




また今シーズン、ロビンソンはSBながらU21ユースの試合でクリスタル・パレスとチェルシー相手にゴールを決めています。



2ゴールあげられたのは気持ちいいよ。しばらくゴールを決めてなかったから嬉しかったんだ。

ゴールを決めた後のドレッシングルームでは少し冗談を言ったりしたよ。もうちょっと言えばよかったかな。

選手としていつも1日で何でも改善できるんだ。だから僕は一生懸命努力して、プレーのあらゆる側面を良くしていきたい。

トップチームでレギュラーの座を獲得するっていう夢が本当に叶うかもしれないし、成し遂げるために、そしてあらゆるトレーニングで成長し続けるために、できる限り努力するつもりさ。




先日のウディネーゼ戦でジェローム・シンクレアがクラブ最年少デビュー記録を更新するまで、その記録のレコードホルダーだったロビンソン。

少し悔しそうにしながらも、チームメイトを称賛しています。



若手がチャンスをもらって成功するのを見るのは素敵なことだよ。ジェロームがチャンスを貰えたのは素晴らしいことだ。彼は特大の可能性を持っていて、上手くいけばこの先上手くやっていけるよ。

リバプールFCのこれまでの最年少デビュー記録を持っていたことはとても名誉なことだね。恐らく僕が望むよりも早く破られてしまったけど気にしないよ。ジェロームのことが本当に嬉しいんだ。これはアカデミーがどれだけ素晴らしい役目を果たしているかということを示しているよ。




スターリングやスソ、ウィズダムがトップチームでほぼレギュラーとして活躍するそのすぐ後ろで、モーガンやイェシル、フラナガンと共に彼らのポジション奪取を狙うロビンソン。

ウディネーゼ戦でも攻守にハードワークし存在感を放っていました。

最近はジョンソンが左をやるようになり、また不調だったエンリケも少しずつフォームを取り戻しつつあるようなのでなかなかまだ状況は苦しいですが、でも彼はまだ19歳。

これからたくさんのことを学んで、いい具合に世代交代してくれるんじゃないかなとか思ってます。

とりあえずケガが少ないというのはレッズには貴重な(笑)存在なので、これからもコンスタントにやって欲しいと思います。

頑張れロビンソン♪


引用元:
Robinson: I can make it my own - [LIVERPOOLFC.COM]
Jack: My debt to Rodolfo - [LIVERPOOLFC.COM]

カテゴリ:インタビュー

COMMENT

ロビンソンいい選手ですよね。スピードもあるしビルドアップについていけるパス能力もあります。
あのラファが(笑)クラブ最年少でデビューさせたんですよね。今のところそれだけの価値がある選手であることを証明していると思います。出場機会は少ないですがミスも少ないし堅実でとても19歳には見えません
ケリーが離脱してチャンスかと思いきやウィズダムが安定した力を見せてスタメンを奪ってしまいましたが、それに負けず成長していってほしいですね

> ケリーファンさん

コメントありがとうございます。
一時期フラナガンに頑張られちゃってましたけど、また盛り返して頑張ってますよね。いいライバル関係築いて、ウィズダムも加えて3人で切磋琢磨して成長してほしいですね^^

EDIT COMMENT

非公開コメント

Comments
<>+-
Categories

openclose

League Table
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。