Twitter RSS FacebookPage

スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

インタビュー

ロジャース「私のサッカーはレイナにはうってつけだ」

  • 2012.10.20 Sat 20:04
さてさてさて、本日2週間ぶりにようやくプレミアリーグが再開します!

代表戦があったとはいえ、やはりリーグ戦は別物。

この日を今か今かと待ち構えていた人も多いのではないでしょうか。

しかししかし、この2週間、リバプールでは良いニュースもありましたが、悪いニュースも同じだけありましたね。


良いニュースと言えば、まずはアンフィールドの移転問題が解決です!

10年間決まらなかったこの問題、今のスタジアムを増築することでようやく終結を迎えました。

リバプールサポーターはもちろん、ジェラードたち選手もこのニュースには素直に喜んでいます。

そしてもう一つが、つい先ごろ決まったスソの契約延長

契約期間は3年らしいですが、アタッカー不足のレッズにあって出色のポテンシャルを見せるスソの契約延長は誰しもが望んでいたことでした。

これからもレッズの一員として大きく成長していってほしいですね。


一方悪いニュースもやはり二つ。

ひとつはスアレスのダイブ問題について。

FIFAの副会長やコシェルニーが批判する一方でクラブやウルグアイFAはスアレスを全面バックアップ。

この問題はしばらく終息する見込みがなさそうです。

そしてそれよりもっと深刻なのが、続出するケガ人です。

現在ケリーとルーカスがケガで長期離脱中ですが、それに加えてボリーニ、ウィズダム、レイナが次々と故障してしまったことはみなさんもご存じの通り。

ここ数年レッズを応援していればむしろ「またか」と言いたくなる事態ですが、今年は夏の移籍市場の失敗もあり例年より深刻です。

しかしガーディアン紙のスカッドシートによるとウィズダムとレイナはどうやら軽傷らしく、故障者の欄には載っていません。

いずれにせよ大事を取って今日のレディング戦は休む可能性があります。

しかもパフォーマンスがあまり上がらない中でのケガだったので、レイナについて色々心配した人は多いのではないでしょうか。

そう思い、今日はレイナについてのレイナ本人とロジャースのインタビューを紹介します。

え? そうですよ、ここからが本題ですよ!笑


さて、先ほど述べた通り今シーズンはいまいち奮わないレイナですが、ロジャースの目指すサッカー自体は気に入っているようです。



僕たちがプレーしているやり方で、とても良い感じの時があったよ。

僕たちは新しい監督と共に新しいスタイルを取り入れようとしている最中で、それには時間がかかるんだ。

時々ミスすることがあるけど、やろうとしてることは簡単じゃないからね。でも僕はミスをしても監督の求めることにチャレンジして、適切なことをやろうとする方が好きなんだ。

早かれ遅かれ、またトップレベルで戦えるようになるってみんな気楽に思ってるよ。




先日放送された「Being: Liverpool」で、ロジャース監督は選手の前で今期クラブの足を引っ張るであろう3人選手の名前を書いた紙を入れた封筒を出し、選手にプレッシャーを与えるという手法を用いたことが紹介されました。

しかしレイナは自分の名前が書かれていることなど全く恐れていないようです。



試合中1、2個ミスする以外に、態度が悪いとかやる気がないとかで僕の名前を封筒に入れことは誰にもできないよ。

あれはあの封筒には入らないぞと決心して、シーズン中ずっと選手が集中して「コンセントにつながっている」ようにするためにやる気を出させる方法だよ。





ロジャースもレイナの実力や人間性に称賛を送っており、自身で持ち込んだスタイルも十分レイナに合うと考えているようです。



彼はとても印象強いキーパーだ。彼は毎日チームに参加しハードワークするいい奴だ。

ここにいる他の選手達と同じように、成長してより良い選手になろうとしているよ。

ペペはここに何年もいて、長い間自分の力を証明してきた。

彼は間違いなく新しいスタイルに慣れて来ており、ペペにとっては絶好のやり方だ。

彼はバルセロナのやり方を経験してきたから、どうやってプレーすればいいか、私が何をしようとしているか完璧に理解しているよ。

彼は試合で最高の状態になるように非常によく努力している。

チームとしてこれまでしていたようなミスはなくす必要がある。もしそれができれば、ペペを含めすべての選手にとって良いことだ。




またロジャースは先日のELウディネーゼ戦でのペペの好セーブについても触れています。



ウディネーゼ戦でのあのヘディングシュートはゴールに見えたよ。

アンフィールドにいたすべての人達はたぶん入ったと感じたのではないだろうか。

けれどもペペの反応は素晴らしかったし、ボールを押し出した腕は見事だった。

トップクラブでプレーすれば選手はみな間違いなく大きなプレッシャーにさらされる。しかしあれはトップキーパーが誰なのかわかった瞬間だ。




引用元:
Pepe Reina hails Brendan Rodgers’ style of play at Liverpool FC - [ECHO]
Pepe Reina praised by Liverpool FC manager Brendan Rodgers - [ECHO]

カテゴリ:インタビュー

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Comments
<>+-
Categories

openclose

League Table
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。