Twitter RSS FacebookPage

スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

コラム

殻を破れコウチーニョ!

  • 2014.01.14 Tue 23:25
ロジャースサッカー成長の立役者コウチーニョに今ブレーキがかかっている. ピッチ上で相手を手玉に取り決定的な仕事をする昨季の姿は鳴りを潜めてしまった. コウチーニョに何が起こっているのか.




成長著しいヘンダーソンとは対象に、近頃伸び悩んでいる男がいる。フェリペ・コウチーニョだ。ブラジル生まれの21歳は、2013年1月の加入以来センセーショナルな活躍を続けてきた。プレミアリーグデビューとなった昨シーズンは13試合で3ゴール5アシストを記録。スタリッジと共に瞬く間にチームの主力となりリバプールの力を大きく底上げした。

しかし今シーズンに入ってその影が薄れた印象を持っている人は少なくないはずだ。すでに15試合に出場しながら未だ2ゴール2アシストと大きく成績を落としている(この記事で用いる数字はすべて第20節までのもの)。またボックス外からのシュートが昨季の約40%から63%にまで増加し、枠内シュート率も20%近く落ちた。データを見ずとも苦し紛れにシュートを放つシーンが目に付くようになったのは明らかだ。今季も引き続き左サイドを任されているが、多大なサポートを提供してくれたエンリケが長期離脱していることは無関係ではないだろう。また2季目で相手チームに研究されるようになり、コウチーニョを孤立させたり高い位置でプレーさせないような守り方をされるケースもある。

確かにゴールもアシストも減った。シュート精度も落ちた。だがしかし、コウチーニョは本当にパフォーマンスを下げたのだろうか。こちらの数字を見て欲しい。前回のコラムで示した、成績のシーズン比較をコウチーニョでも出したものだ。

coutinho2.png

まず見て欲しいのはパスの各項目だ。パス精度はショート、ロング、クロス、ヘディング、スルーパスすべてを包括したものだが、それが4.5%向上している。そして特にロングパス精度は6.1%向上し、パス精度を引き上げているのが分かる。しかもこれらはロングパスとクロスの頻度自体が大きく上がりながらの数字であり、ヘンダーソンのみならずコウチーニョも相当ロングパスの能力が高まっていることがわかる。

次に注目して欲しいのがチャンスメイク頻度。昨季13試合5アシスト、今季15試合2アシストで成績は落ちた。しかしシュートにつながるパスを出しチャンスメイクした頻度はむしろ上がっているのだ。つまりアシスト数が減ったのはコウチーニョではなくチームメイトの方に責任がある可能性が高い。

だが問題になるのがシュートに関する項目である。先ほど述べたが、シュート精度自体は20%以上も落ち込み、リバプール攻撃陣では最低レベルだ。しかしシュート頻度は2倍近くになっている。もちろんシュート数が増えても精度が落ちたのでは意味が無いが、これはより多くのゴールを狙おうという意気込みの表れだと考える。

本人としては1年目にあれだけプレミアの舞台で活躍ができたのだから、シーズン終了後に母国でのW杯が控える今季、そのブラジル代表に入るために意気込むことは当然だろう。 そして昨季のコウチーニョに足りなかったのがゴールだ。昨季13試合でシュート19本だったが、今季は15試合44本と大幅に本数を増やし得点を狙いにいっているのは一目瞭然。むしろこれだけシュートを打ちながらパス方面で成績を上げているのだから恐ろしい。ヘンダーソンはようやくパス能力を身に付きつつあり来季以降ゴールという次の課題に挑むことになるが、言うならばコウチーニョはその道の一歩先にいるのだ。

コウチーニョはパフォーマンスを落としてなどいない。得点力を身に付けてさらなる高みへ上がろうともがいているだけだ。その殻が破られた時、SASではなくSCS(Suarez, Coutinho and Sturridge)と呼ばれる日が来るかもしれない。そうすればきっとコウチーニョはリバプールの歴史に名を残すほどの選手になるだろう。来季はCLの舞台で輝く彼を見るのが楽しみだ。

『コウチーニョの課題を掘り下げる』へ続く

Written by 皐月 @No8_is_No1

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ にほんブログ村 サッカーブログ リバプールへ

カテゴリ:コラム

COMMENT

No title

リバプールの好調のために必要な選手ですからね、いるのといないのとでは試合が全然変わってくる。
これでシュートも決め始めたら最高なので、これからの成長を期待してます♪

Re: No title

コメントありがとうございます!

そうですね、敵を引きつけるドリブルは大きな強みですもんね。
ほんと惜しいシュートが多いので、いつ爆発してくれるか楽しみですね!

No title

コウチーニョ、ミドルは必ずゴールの左隅を狙いますよね。
皆が言うほど心配はしてませんがやはり中で使ってあげたいですね。
ロジャースの思い描く完成形がまだボンヤリしてるのでチーム全体のことを考えると何とも言えませんが、
彼自身の能力を最大に活かすならサイドより中で使うのがベストだと思います。

No title

Liverpoolの今のメンバーを見れば左のファーストチョイスになるのは当然のように思えます。しかしそもそもCoutinhoはAMFがベストだってRodgersも以前話していたと思うんですがフォーメーションの関係から左を任されているんですかね。
まだGerrardのアンカーを試すなど試行錯誤をしているように見えますが、もし来期CL権を獲得したならば、それまでにはなんとか固まっていて欲しいなと思います。

> とんぼさん

コメントありがとうございます!

そうですね、巻いてファーを狙うのはほとんど見ません。このコメントを打っていて、シュートのバリエーションを学ぶのが一つ方キーポイントな気がしてきました。

ロジャースはやっぱり4-3-3がお好みなようで、自分は今後ますますトップ下を置かない方向で進む気がします。
私もコウチーニョの適性は間違いなく中央だと思ってるので、予想通りになってしまうとコウチーニョには苦しそうです。年明けのハル戦だったかで中盤▽の前の2枚の右で使われてましたが、思うようなプレーはできてない印象でしたし。。。

> Apolloさん

コメントありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

はい、ロジャースはコウチーニョが10番の選手だって言ってます。
でもスターリングとヘンダーソンが右と中央で固定されるようになって、おっしゃる通り他に左サイドを任せられる選手がいなくなってしまいましたね。
個人的にやりたいシステムは4-3-3だと思いますよ。就任当初4-3-3の有効性をこれでもかと語ってますし、昨季はパスやプレスがまだできないから安定させるためにツーボランチに妥協しただけで、今季ようやく選手が成長したからスパーズ戦からまた再開させてますし。ジェラードのボランチ起用も前から考えて話し合ってたって言ってます。
ただSASが半端ないんで、そこは自己を抑えて4-4-2を採用するとは思います。SASが無事なら4-4-2、どちらかが出れない(休ませたり)なら4-3-3でしょう。
でも結局はどれもコウチーニョの居場所が左サイドしかないんですよね。。。

EDIT COMMENT

非公開コメント

Comments
<>+-
Categories

openclose

League Table
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。