Twitter RSS FacebookPage

スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

コラム

移籍?残留?リバプール選手の去就予想

  • 2013.04.24 Wed 20:56
シーズン後の去就が気になるあの選手の今後を大胆予想!
今日はリバプールでの未来が不透明な選手たちの、今後の動向をズバリ予想します。控えに甘んじているシュクルテルは? ウェスト・ハムのキャロルは? 夏の移籍市場まであと少し。一足先にまとめちゃいます。






ファビオ・ボリーニ
現状:ケガからの復帰間近
2012年の夏に加入した、若きイタリアのコルテッロ(ナイフ)。スウォンジーへのローン中、ロジャースに指導された経験を持つ。今季は度重なるケガに悩まされ、ここまでリーグ戦9試合出場に留まっている。以前からイングランド行きを後悔しているだの、イタリア帰りの噂が出ており、現状まだ戦力になれていないことから退団を予想する声が。しかし、先週、本人が残留するであろう旨をコメントしており、急いで移籍する理由もないので残留が濃厚。


ウサマ・アサイディ
現状:ウィンガーの控え
昨夏の移籍市場、まさにサプライズサインとなったアサイディ。独特のリズムのドリブルで鳴らしたモロッコ代表にとって、イングランドの一年目は厳しいものとなった。リーグ戦は4試合出場、しかもいずれも途中出場で定位置が確保できていない。同じポジションにはコウチーニョ、スターリングと自身よりも若くタレントのある選手がおり、今後もレギュラーへの道は険しそう。本人は移籍よりも残留を望んでいるが、リバプールが来期まで彼を残しておく理由はないだろう。


マルティン・シュクルテル
現状:センターバックの控え
2011-12シーズンのクラブの年間最優秀選手が、ここにきてまさかの大ブーレキ。パスサッカーへの適応に手間取るうちにキャラガーに定位置を奪われ、その後はほとんど出れていない。シュクルテル自身は「フットボールではよくあること」と受け入れているようだが、代表のキャプテンまで務める男は内心穏やかではないだろう。キャラガーが既に今季限りでの引退を明言しているが、夏のマーケットでは代役のセンターバックを獲得の見込み。キャラガー引退後はCBのファーストチョイスに返り咲くだろうが、古巣ゼニトからのオファーの噂もあり、ひょっとするとひょっとするかも。


セバスティアン・コアテス
現状:センターバックの控え
196㎝の身長と2011年のコパ・アメリカでの活躍が認められ、同年夏にリバプールにやってきたコアテス。移籍当初の11-12シーズンこそ一定の出場機会に恵まれたが、今期に入り激減、未だリーグ戦は3試合出場どまりである。出場機会が回ってこない最大の原因は、ロジャースのパスサッカーへ適応し損なっているからだと思われる。基本的に守備固めの起用が多く、キャラガーが引退した後でも今の様子だと定位置確保には程遠いだろう。しかしリバプールはCBの人材不足で、コアテスもまだ22歳なので、恐らく来期はチームを出るとしてもレンタルでだろう。


ジェイ・スピアリング
現状:ボルトン(2部)へローン移籍中
昨季ルーカスの負傷離脱後、代わりにボランチを務めた生え抜きの23歳。今季は、レンタル先のボルトンで39試合出場と完全に定着している。リバプールの現状を考えると、ボランチがルーカスのみなので復帰は有り得る。しかし、新たにパスサッカーを習得する必要があり、タイトルを狙えるクオリティの選手を求めるならば物足りないのも事実。今季ボルトンがプレミアに戻ってこれるようなら、売却の選択が色濃いだろう。


アンディ・キャロル
現状:ウェスト・ハムへローン移籍中
イングランド人最高価格の男は、自身の強みが活かせそうなハマーズにシーズンローンで移籍した。しかし小さな怪我が続き、なかなか結果が出せない。最近ようやくかつての得点力を取り戻しつつあるようだ。それでも来季リバプールに戻ってくる可能性は限りなく低い。ロジャースは、ウェスト・ハムに出している時点でキャロルの弱点である足元の技術を育てる気はなく、ローン先で活躍してもらってできるだけ高値で売る魂胆だろう。OBの中にはキャロルの必要性を説く者もいるが、売却で得たお金を補強資金に回すのが最も有効で現実的だろう。

カテゴリ:コラム

COMMENT

No title

大体同感ですw
ここにあがっているのは、リバプール側に主導権がある決断ですが、売らないつもりでも「金額次第」ではオファーが来たら売っても良いのは誰ですかねー?それこそ人それぞれで面白そうです :)

> Koさん

ご無沙汰しております、コメントありがとうございます♪
同意して頂けて嬉しいですw
あーなるほど、そういうカテゴリもありますね。それだと僕の中ではヘンダーソン、シェルヴィ、ダウニングあたりは1000万以上なら"アリ"ですw 普通なら放出候補にはならない選手達ですが。
Koさんはどうですか?

No title

話していた内容が纏まってとても見やすく、状況が再確認できました(^.^)
キャロルの足元の部分など自分の意見が入っていて嬉しかったです♪
スアレスは残留確実ということでいいのかなw?

> オセ♪さん

コメントありがとうございます!
オセさんの意見があったからこそ、ロジャースの腹の内を予想するに至ったので、ありがたかったです^^
スアレスはフットボール以外のことが問題になってるんで、そこは予想できませんw

No title

僕はダウニング、アッガー、もしかしたらジョンソン...でしょうか。スアレスは7000万まで行って別リーグなら手を打ってもいいかな。
個人的にはヘンダーソンとシェルビーは貴重なので死守したい。

> Koさん

> 僕はダウニング、アッガー、もしかしたらジョンソン...でしょうか。スアレスは7000万まで行って別リーグなら手を打ってもいいかな。
あー、アッガーですか、なるほど。ジョンソンも何となくわかります。二人とも、完成してる現時点で守備の欠点が露わになってる点や、給料面を考えると、好条件のオファーが舞い込めば考えちゃいますね。
> 個人的にはヘンダーソンとシェルビーは貴重なので死守したい。
僕の中に、ヘンドとシェルヴィはこれ以上伸びるのかな?っていう疑念があるので含みました。死守したい理由は何ですか?

No title

はじめまして
今のヘンドとダウニングがいなくなれば攻めるにも守るにも頭数が少なくなりチームとして機能しなくなると思います
得点しなくてもヘンドがいなければあかなかったスペースはたくさんあったと思います
シェルベイはこれから伸びるかはかなり微妙ですねただよい移籍が先があるなら出してしまってもいいと思います

EDIT COMMENT

非公開コメント

Comments
<>+-
Categories

openclose

League Table
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。