Twitter RSS FacebookPage

スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

インタビュー

ベラミー ロングインタビュー Vol.1

  • 2013.03.31 Sun 20:56
前回のヒーピアに続き、またまたリバプールOBのインタビュー。今回はリバプールのやんちゃボーイと言えばこの人、ベラミー兄貴です。

昨シーズンリバプールで活躍したベラミーは、故郷のクラブであり、現在フットボールリーグチャンピオンシップ(2部)の首位をひた走るカーディフに所属しています。そのベラミーが、デイリーメールのインタビューに応えた記事を意訳・翻訳して紹介します。

本文が約3000語ととにかく長いので、適当に分割して記事にしていきます、あらかじめご了承ください。




人生にも例えられるフットボールが、もし感情的な鐘の音を鳴らしフットボールに関わる人の胸を打つことができるなら、クレイグ・ベラミーはさぞかし深く打たれただろう。彼の述懐によれば、彼の身の回りで起こってきた問題は、しばしば第三者の問題でもあった。

9つのクラブに所属し、7回も膝にメスを入れた。そして巻き起こった論争によって彼が得たものを考えれば、イギリスのフットボールの風景すべてを見てきたベラミーの旅は、グルグルと回りながら落ちる滑り台のようなものだった。

13回目のシーズンが終わりに近づいているが、33歳の選手は大胆な主張の裏でカーディフ・シティでプレミアリーグの舞台に戻るのを楽しみにしている。

悩み事は去ったのだ。ニッカリと笑いながらベラミーは言った。

ああ、ハッキリと言うよ。これは新しい俺だ。

自分の違う側面に気づいたんだ。俺はかなり幸せな方だよ。

俺にはずっとジキルとハイドみたいな部分があった。ある時は完全に腹が立って一週間はふさぎ込む。けど俺にはとても思いやりのある、良い部分もあったんだ。それこそ俺が今なりたい人間だ。俺はいつも自分がどんな人間か分かってたよ。でもそこから抜け出せなかったんだ。

俺は勘違いをしてた。自分に言い聞かせてたんだ、"これが俺だ、これが俺を選手としての俺足らしめているんだ"って。けどそれは間違いだった気づくのに33歳までかかっちゃったよ。

俺はほんと不幸だったね。それに一人ぼっちなときもあった。そういったやっかいで落ち込むような、もう一つの自分の部分がいつもあったんだ。腹立たしいよ。

いい試合をした後でさえ、家に帰ってダメだったポイントを考えてた。ほんとバカだよな。



考え方が替わってから、ベラミーは"幸せに"よくやっている。気分がノっている時、彼はいつも良い仲間だった。しかし、私たちが知らなかったことは、そのもう一つの側面の闇がどれだけ深いかだった。

ウェールズ出身のフォワードのピッチ上で怒鳴り散し愚痴を言うイメージは、彼の記録を散々にしている。しかし、ベラミーは精神科医のスティーヴ・ピータースの助けを借りながら、本当の問題に立ち向かっている。

彼はほくそ笑みながら話すのだった。

今もピッチの上ではうるさいけど、プレーできて幸せさ。

昔は試合前にほとんど自分で自分を病気にしてた。神経質で、自分を追い込んでね。もし試合を観に行かなきゃいけなかったら、俺は座って「こんな雰囲気の中で一体どうやってプレーすりゃいいんだ? 俺には無理だ」って考えてたと思う。

試合の前の日には誰も近づけたくなかった。家を出なかったし、子供を迎えに行くことさえしなかった。俺は試合に集中することに取りつかれてたんだ。今年はそんな失敗はしてないよ。スティーヴィ(ピータース: 精神科医)の影響はとっても大きいよ。リラックスできて嬉しいし、パフォーマンスへの支障はちっともないんだ。



これらのことは、カーディフの人たちが証言してくれるだろう。この前、ベラミーの監督マーキイ・マッケイは彼のことを「いい子だし、一流」だと表現した。

しかし、これらのことはある一つの疑問を抱かせる。ベラミーの自分探しは、彼を自身の論争から引き離してくれているのだろうか。

ベラミーはムッと頬を膨らませて言った。

わからない。

けど、俺は周りにいる人間よりはずっと楽しんでる。

俺も昔は儀式や迷信で一杯いっぱいだったからな。試合に勝つと俺は同じ時間に家を出て、同じスーツを着たもんさ。先週青だった信号が赤だったりしたら、「クソッ、ありゃ悪い事が起こるサインだ。」ってな具合にね。

俺はピッチに立つ頃にはもう疲れ果ててたよ。そしてもし自分がそうじゃなかったとしても、周りのみんながそうだった。

試合の後は勝つと安心したんだ。嬉しかったんじゃなくてね。それに負けでもしたらクヨクヨ考え続けて、2,3週間は自己嫌悪に陥ってた。眠れなかったよ。

でも今はたとえ負けたとしてもそうなるのは2,3時間さ。

けど、俺は注意深く周りを見ている。俺のチームメイトでいるのは間違いなく大変だったろうけど、みんなの気を狂わせる前に、いつも他のクラブに移ることでなとかしてたんだ。俺のやり方は、まだ許してもらえてるうちに去ることさ。

今はそんなことしたくない。ここ
(カーディフ)にいたいんだ。今シーズンはキャリアの中で一番楽しめてるよ。俺はそれが言いたかったんだ。


Vol.2へ続く

カテゴリ:インタビュー

COMMENT

お久しぶりです♪ナショナルウィークに全然皐月さんTLにいないから辞めたのかと思いましたよww
いやーベラミー兄貴のインタビューがついに来たとの事で早速読まさせていただきましたww
外から見てるだけではわからない神経質な部分があり、それに悩まされていたのは驚きでした。
ウェールズ代表の試合でベラミーを見る機会がありますが33歳のスピードじゃないwwベイル並みに早くキープ力もあり周りも活かせるんで流石だなぁと思って見てます。
そんなベラミーの一面を今回知れてよかったです(・ω・)ノ

驚き

ベラミーという選手のイメージと今回のインタビューの内容が、かけ離れたものになっていて驚きました。
試合に勝っても負けてもクラブに行って大騒ぎして、ストレス解消しているのだろうとおもっていました。まさかこんなに繊細なヤツだとは(笑)
人には計り知れない心の闇は、誰にでもあり得るのだと思い知らされました。
頑張れ、ベラミー。I still dream of you!!

> オセ♪さん

コメントありがとうです!
サンマリノ戦は途中まで見て力の差がありすぎて試合になってないからいいやと思い、モンテネグロ戦はまさかの寝坊で後半途中から参戦と言うさんざんなものだったので。。。苦笑
みんな感想いただけた方は一様に「驚いた」って言ってますね。やんちゃなイメージが強い分、どの人にも神経質な性格は意外だったみたいです。
ベラミーのプレーは昨夏の五輪以降見れてないけど、相変わらずすごいのか、さすが! 今のうちの台所事情を考えると、残って欲しかったですね、正直w

> シャンクさん

またまたコメントありがとうございます♪
ほんと自分も読んでてビックリしましたよ!w 精神科の先生にお世話になるほどだったとはって感じです。
でも暴れん坊なイメージの割にファンからはすごく愛されてたことを考えると、どこかやっぱり内面ににじみ出るものがあったのかもしれないですね。
自分もベラミーを応援してます、頑張ってほしいですね^^

EDIT COMMENT

非公開コメント

Comments
<>+-
Categories

openclose

League Table
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。