Twitter RSS FacebookPage

スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

インタビュー

W杯:ジェラード「勝ち上がる以外は受け入れられない」

  • 2013.03.20 Wed 22:52


イングランド代表の主将スティーヴン・ジェラードは、W杯予選の通過に自信をみせています.

明後日3月22日、26日は各地域でW杯予選が行われます。リバプールのキャプテンが召集されているイングランドは、現在モンテネグロに次いで勝点2差のグループ2位。22日にはサン・マリノ戦を戦い、26日は1位モンテネグロとの直接対決を控えています。W杯予選を通過する上で非常に大事な試合を控え、ジェラードはチームのメンバーから自信を貰っていると言います。


グループを勝ち上がること以外に受け入れられる結果はない。

僕は自分たちのいる組を過小評価しているわけでは一切ない。やらなきゃいけないことはまだたくさんあるけど、それもわかってる。プレーオフ圏内で終えようとは思ってないからね。

W杯のために代表でプレーできるのは嬉しいけど、(首位の)モンテネグロ戦を見据えるにあたって少し考えてることもある。大事な試合だから、逃げることはできない。待つしかなくても、考えることはできるから。

モンテネグロとの前回の試合(EURO2012予選 結果は2-2)は非常に厳しいものだった。今回も同じように簡単にはいかないだろうね。だから僕たちは全員が気合いを入れてやらなければいけない。けど僕はブラジルに向けたチームの顔ぶれを見て、恐らくロイが選ぶ最強のチームになってるってみんなに賛成してもらえると思ったよ。

選手名簿の25人全員がコンディションを保っていければ、予選通過は間違いないと思う。周りの選手たちを見ると、僕たちは本戦に行って大きな勝利をあげられるんだって自信が湧いてくるんだ。それにモンテネグロ戦で勝点3が取れれば、大きな後押しになる。



イングランドのフル代表にはジェラード以外にもリバプールから召集されています。そのうちの一人であるG・ジョンソンは、ジェラードこそ若い世代を最も牽引できる存在だと称えています。


僕たちには素晴らしい選手がいる。彼らは今クラブで本当にいいプレーをしてる。だから僕は代表が強力なチームになってると思う。

台頭してきた若い選手たちは、スティーヴン・ジェラードに勇気づけられないとしたら他に誰ができるか見当がつかない。彼がお手本となってチームを率いているからね。

彼は長年にわたってクラブでも代表でも輝かしい活躍をしてきた。今はキャプテンで躍動している。

誰でも100キャップを達成できるわけじゃない。それをしようと思ったら、特別な選手にならなければいけないんだ。

何年もの間、ゴールが必要な場面でそれを決めるのは彼だった、そんなシーンを何度も見てるだろう。いつも現れるのは彼なんだ。





イングランドのいるグループHの順位表は以下の通り。
Team 試合 勝点
Montenegro 4 3 1 0 12 2 10
England 4 2 2 0 12 2 8
Poland 3 1 2 0 5 3 5
Moldova 4 1 1 2 2 7 4
Ukraine 3 0 2 1 1 2 2
San Marino 4 0 0 4 0 16 0

前回5-0で勝ったサン・マリノ戦(22日)は確実に取るとして、勝ち点2差のモンテネグロとの直接対決(26日)は是が非でも勝ちたい一戦ですね。

気になるイングランド代表の調子ですが、親善試合のスウェーデン戦は抜きにして、W杯予選のポーランド戦の内容はとても期待に見合うものではありませんでした。(詳しくは⇒マッチレビュー:ポーランドvsイングランド) しかし、その10月の試合で戦犯となったクレバリーとキャリックはクラブで軒並み調子を上げ、首位をひた走るマンUに欠かせない存在になっています。ただ、お粗末な守備を露呈したDF陣は前回よりも酷い結果になる可能性があります。それは召集されたCB4人の名前をみればわかります。
  • スティーブン・テイラー(ニューカッスル)
  • スティーブン・コーカー(トッテナム)
  • ジョリーン・レスコット(マンチェスターC)
  • クリス・スモ―リング(マンチェスターU)
どの選手も今季リーグ戦の出場は20試合以下で、コンスタントな活躍ができていないんです。それに誰と誰が組んでも今回が初めてのコンビになります。さらには、このメンバーでは確たるディフェンスリーダーも不在でしょう。はっきり言って非常ーに怖い。ミルナーを除き、前線の選手が守備に献身的じゃないことを考えると、ジェラードとパートナーを組むMF(恐らくキャリック)の負担がかなり大きくなるでしょう。再び守備陣が混乱してしまうのか、はたまた奇跡のコンビネーションを見せるのか、あるいは中盤の選手の頑張りで難を逃れるのか。今回のモンテネグロ戦、DFを要チェックです。


引用元:
Gerrard: England must win World Cup qualifying group - [Goal.com]
'Stevie will inspire a generation' says Liverpool FC and England team-mate Glen Johnson - [ECHO]

カテゴリ:インタビュー

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Comments
<>+-
Categories

openclose

League Table
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。