Twitter RSS FacebookPage

スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

インタビュー

ダウニング「いいプレーをしてチームに残りたい」

  • 2013.07.25 Thu 13:04
インドネシアのファンが掲げたバナーは、スチュワート・ダウニングに彼がどこに身をおいているのかをはっきりと知らしめた.

LIVERPOOL ECHO - "If you are playing with good players in a good team you don't want to lose that" 17th Jul 2013




コーチ陣に引き連れられ降り立ったハリム・ペルダナクスマ国際空港で、スチュワート・ダウニングの目に留まったバナーがあった。リバプールへの歓迎の意を示す大勢のファンの中で、それはシンプルにこう書かれていた。「Stay Here SD 19 Don't Go Away(ここにいてよダウニング、行かないで)」

あのバナーを見て、あんなにも支えてくれるファンに会えて良かったと思ったよ。空港にはすっごくたくさんの人が居て、僕たちはこんな風に支えられてるんだって分かって嬉しかった。


ハマーズのボスであるサム・アラダイスがダウニングの獲得を望んだが、ダウニングは断るだろう。彼が本当の意味で昨シーズンをスタートさせたのは昨季も後半になってからだ。しかし次のシーズンを始める場所は既に決まっている。

今は落ち着いてるよ。リバプールでの最初の年はキツかったけど、昨シーズンに一度チーム内で自分の立場を確立してからはすごく楽しくやれたんだ。僕たちはチームとしてほんとによくやったし、それが僕の助けにもなった。そういったプレーが一貫してできれば、今季僕たちには大きなチャンスが巡って来る、そんなサインが見て取れたんじゃないかな。それが僕が出て行きたくない理由だよ。もし良いチームで良い選手と一緒にプレーしてたらそれを失いたくはないよね。

いくつか噂が出回ってて、多分それは前のシーズンに僕が移籍するかもって言ったのが原因だと思うけど、今はもうそんなこと考えない。監督とも話してるんだけど、彼も僕が残ることを嬉しいって言ってくれてるんだ。そう言ってくれてるうちは僕はプレーするためにここに居るよ。監督もチームを分解したいんじゃなくて作り上げたいわけだしね。

もし僕がチームに定着できずプレーできてなかったらそれは話し合う必要があるけど、今のところ僕にチームを離れる理由は全く持ってない。今季の目標はいいプレーをしてチームに残ることだね。僕の契約はあと2年しか残ってないから、もうすぐ更新の話をすることになると思う。


ダウニングの中で何が変わったのだろうか。間違いなく昨秋には、彼の前には退団へのドアが用意されていた。ロジャースの彼を見る目は冷たく、1月には移籍も許可されている。しかしダウニングの反応には、自身のポジションを取り戻すための確固たる決意が現れていた。そして年が変わる頃には彼の名前がスターティング11に並ぶようになっていた。

僕自身、何が変わったのか本当に分からないんだ。誰でも自分の力を出し切れない時はあるけど、あの時はほんとイライラしたよ。急に上手くいくようになったんだ。チームの調子が良かったのもあるね。あの時は失うものは何もないって感じで、そしたら上手くいったんだ。シーズンの後半は本当に嬉しかったな。その時から良いプレーができるようになったから、今はとにかくそれを続けたい。僕は自分がチームでやっていけるってことを確実にしなきゃいけないんだ。





ダウニングも今季のポジション争いが激しくなることには気づいている。ラヒーム・スターリングの体調は戻り、ジョーダン・アイブの出現やスペインから新たにイアゴ・アスパスとルイス・アルベルトが加わった。ロジャースの攻撃陣は明らかに厚みが増した。しかしアストン・ヴィラから2000万ポンドでやってきたこの男は、ポジション争いを歓迎し準備もできている。

何人か新しい選手がやってきて間違いなくあと数人は加わる。もしそうなったとして、僕は何が起きても準備はできてるよ。今シーズンは熾烈なポジション争いになるだろうね。でもここみたいなクラブでは常にチームの補強がつきものだから。監督はこれまでチームを強化してきて、数人が僕のポジションでもプレーできる。けど僕が上手くやれば彼らは僕をポジションから追い出さなきゃいけなくなる。ポジション争いがあると、自分から今以上のものが引き出されるんだ。それは昨シーズンに僕が体感してる。監督は僕が良いプレーをすればチームに残れるだろうって言ったんだ。そしてその言葉は本当だった。

サイドのポジションについてだけじゃなくて、試合に出てる時間についても最近監督と話してる。監督はただこう言うんだ、状況は去年と同じだって。もしチームに残れてていいプレーができてれば、自分の居場所もキープできるってことだね。昨シーズンはいくつかのポジションでプレーして、そのことがこれから活きてくると思う。レフトバックでプレーして、左サイドでも右サイドでもプレーしたんだ。プレーしてさえいれば僕はどこだって幸せなんだ。


ダウニングの更なるモチベーションとして、2014年に行われるブラジルW杯でイングランド代表復帰がある。しかし、EURO2012でホジソンに認められず、ブラジル行きには楽観的にはなれない。

母国のためにプレーするってのはすごいことだけど、あんまり期待は持たないようにしてるんだ。このところイングランド代表ではプレーしてないしね。ロイ(・ホジソン)や代表のスタッフとは話してないよ。EURO2012では変な感じだった。正直なんで呼ばれたのか分からなかったんだ。チームの一員だって感じなかったし、監督は決して僕にウォームアップを命じなかった。ノルウェー戦ではいいプレーができたし、僕にもEUROでプレーできるチャンスがあるって思ったんだ。けどその機会は来なかった。

僕たちはもがいてて、僕なら何か違いをもたらせるって思ったんだけど、監督はまったくそんな風には見てくれなかったよ。もしいいプレーをしてるのに監督が僕を選ばなかったら僕にはもそれ以上できることはない。頑張らなきゃいけないけど、監督が考えを変えたら最高だろうな。そしてら是が非でもワールドカップに行きたいよ。もしそうならなくても僕はリバプールのためにベストを尽くし続けるけどね。



This Week's Poll Results

テーマ:コウチーニョのベストポジションは?

今やリバプールの未来を担う男と言っても過言ではないほど大きな存在となったコウチーニョ。昨シーズンの1月に加入してから主に左サイドでプレーして違いを作り出してきました。特に加入当初からエンリケとのコンビで左サイドでは常に相手の脅威となり、ロジャースの獲得手腕も大きく見直されました。しかしシーズン終盤にはスアレスの欠場もあってトップ下を任されることも多くなり、プレーメーカーとしてのポテンシャルが一気に開花。2列目の万能型アタッカーとして今やリバプールの欠かせない戦力になっています。
しかしここで一つの問題が生じます。果たしてコウチーニョはどこでプレーさせるのが一番なのでしょうか。アンケートの結果はこのようになりました。



7割近くの人が、トップ下でのプレーを望んでいるとの結果になりました。
トップ下に投票した方からはこのようなコメントが寄せられています。
・ネイマール並に期待されてた至宝を活かして欲しい
・輝きを放ってくれそうだから。
・自由な位置でやらせるのが一番
・パスの選択肢が増えるので、中央がいい
またレフトウィングに投票された方からのコメントはこのようになっています。
・基本は左で、臨機応変に動いてほしい。
・これで決まり
・フィジカルにはあまり優れていないと思うので…
・ダイアゴナルに切れ込む鋭さが1番の魅力に感じるので
この先コウチーニョがどこでプレーするのか。先日のインドネシア選抜とのプレシーズンマッチでは、やや左サイド寄りを基準点にそこから下がってボールを受けたり内に切れ込んだりしていました。しかし、チームに合流したスアレスの去就次第でまだ使われ方は変わりそうです。シーズンが始まるまで、"答え"は「お預け」ですね。


スポンサーサイト

カテゴリ:インタビュー

インタビュー

イングルソープ「コウチーニョは最高の手本」

  • 2013.07.17 Wed 15:29
若手を育てる時に指導者は理想に近づくように選手を指導するが、成長させるという点ではより考えを巡らせる必要がある。それは若い選手を教える時に特に重要だとリザーブチームの監督であるアレックス・イングルソープは言う。

Liverpool FC Official - 'Carra and Coutinho can be examples' 14th Jul 2013





―アカデミーのU21世代を指揮するイングルソープは、昨年の秋にトッテナムからやって来た。チームをU21プレミアリーグのノックアウトステージまで進めた41歳は、若い選手を指導する早期の段階では柔軟性が大事だと強調する。

 若い選手を育てる時には十分に注意しなければいけない。なぜなら、理想としてトップレベルで通用する極上のテクニシャンを望んでしまうからだ。だから早過ぎる段階でどれだけ技術練習をするかにはよく注意を払う必要がある。わずかでも若い選手の思考が凝り固まってしまうからね。まだ選手には試合でいろいろと探して欲しいし、それが彼らにとって新たな発見であって欲しいだろ。もちろん、正しい技術というのは若いうちでは実際には何よりも得難いものだ。理解力は大抵年と共に身につくものだし、より細かいところはもっと後で分かってくる。私の考えでは、技術を極めれば極めるほど選手としてさらに成功できる。ここ最近私たちが獲得した選手で言えば、コウチーニョは若手たちにとって最高の手本になるだろう。彼はもちろんどこでプレーすべきか理解しているが、何と言っても素晴らしいテクニシャンだ。

 今年、ジョーダン・アイブを9番、10番、7番、そして11番としてプレーさせた。私は彼が前線の選手になるであろうことは確信しているが、成長するという点でいえばジェイミー・キャラガーのような選手のことも考える必要がある。ジェイミーはU15イングランド代表で9番としてプレーしていて、少し後には中盤の底でプレーし、その後サイドバック、そしてセンターバックとしてプレーした。つまり選手を一つのポジションに縛り付けるのは考えが足りないということだ。その選手が将来どうなるかなんて決して分からないわけだからね。キャリアの中でポジションを変えたり、違うポジションの方が優れているんじゃないかと感じる選手の例なんていくらでもある。私はジョーダン・アイブは前線の選手になると思っているが、ポジションがどこになるかは分からない。けれども、彼に違うやり方を学ぶ機会を今まで以上に与えれば、それでもし2, 3のポジションがこなせるようになれば間違いなくプレーするチャンスが増える。


―2012年の夏にやって来てから、ロジャースは自身のサッカー哲学をクラブ全体で一本化してきた。それはイングルソープもよくわかっている。

 過去のリバプールやトップレベルのチームに共通しているのは、どんなシステムを用いていても自分たちのプレースタイルを貫いているということだ。我々のプレースタイルは、今では明らかだが、相手よりも長くボールを保持したいということだ。しかし、それは目的のあるポゼッションでなければならない。方向性があり、キープするためのキープではない、そんなポゼッションである必要があるんだ。だが同時に、ボールを明け渡してはいけないし確実なプレーを心がけなければね。



This Week's Poll Results
テーマ:今最も去就が気になる男、スアレスの未来は?


5月からまったく話題の耐えないスアレスの未来は、リバプールにあると考えるファンが日本には多いようです。以下、寄せられたコメントをご紹介。
残留する/してほしい
・でもすぐまた文句言うだろうけど
・優勝戦線に加わるには必要な戦力。
・どこにいっても批判はされる物、ならここに居て欲しい
・ブレンダンは何が何でもスアレスを残留させるべき
・できれば残留してまた得点量産してほしい
・トップ4返り咲きのためには必要な戦力だから
移籍する/すべき
・アロンソの時みたくならないなら…
・実力的には必要。人間的には不要。
・イグアインと交換なら
 やはりスアレスの能力を買って残留を望む声が多いようです。しかし、移籍すべきという側の人は実力で補いきれないほど人間としてダメであるという意見や、他に有能な選手と交換すればいいというスタンスもあるようです。
 イアン・エアーは残留を第一に考えている旨のコメントをしたので、実力を評価してそう判断しているのでしょう。けれども、もし売ろうとしていてもスアレスがあれだけベラベラと喋れば買い手側が優位に立ってしまうので、それを阻止して最低でもイーブンで交渉するための戦略と捉えることもできます。とりあえずアジアツアーには参加するようなので、選手本人が出るレベルまで進んだ話は無いという証拠でしょうが、逆にこれで"如何なる理由でも"途中で帰国するようなことがあればいよいよ去就問題も佳境に入ったと考えていいでしょう。逆に何もなくツアーを終えたらかなり残留に近づいたと判断できます。今週末から始まるアジアツアー。ピッチの外も目が離せません。

カテゴリ:インタビュー

インタビュー

掃除のおばちゃん「ケニーにゆっくり喋ってって言ったの」

  • 2013.07.11 Thu 14:00
クラブには、30年もの間リバプールFCを見守り、尽くしてきたスタッフがいる。テレサ・ウィンターのように。アンフィールドの清掃係で元給仕係のテレサは、9人の監督の下19個のタイトル獲得を見届けてきた。しかし30年経った今、彼女はモップとハタキを置くことを決めた。そしてこれまで働いてきた自分を労い、退職を楽しみにしている。

Liverpool FC Official - 'I asked Kenny to talk slower' 3rd Jul 2013





―最後のシフトの準備をする中、クラブでの思い出を振り返るために私たちは腰を降ろした。1983年1月、クラブの絶頂時にテレサはやって来た。黄金時代と言われた80年代を、ある一人の監督について最高の思い出と共に彼女は振り返る。

今まで9人の監督がいたわ。でもケニーだけは誰も越えられなかったの。私たちだけじゃなく、みんなクラブは大きな家族みたいだって言ってて、全員知り合いだしみんながみんな同じように接してるのよ。私が給仕係だった頃ね。ケニーが監督になって、彼はユースもアカデミーも全部一緒にしたかったの。私たちは選手たちにお昼ご飯を作って、ケニーには紅茶とゆで卵で朝食を作ったわ。懐かしいわねぇ。


―選手というのはいつも最善の振る舞いをするわけではない。しかし、ケニーと当時のチームは、困ったことや目も当てられないようなことは少なかったと振り返る。

ご存知の通り、ケニーにはユーモアのセンスは全然なかったわ。話をする時はとにかく正直で、意識してそうしてたみたい。私が知ってる限りはね。彼はわざとモゴモゴ喋ってたのよ。我慢できなくなって、私は「ケニー、もうちょっとゆっくり喋ってくれるかしら。あなたが何て言ってるか分からないわ。」って言ったことがあるの。チームはいたずら好きだったわね。80年代にここで一度撮影したことがあってね。私たちはキッチンでお昼ご飯を作っていたわ。そしたらカメラがくるっと回って、みんな見たこともないような小さいビキニで調理場に入ってきたのよ。幸い彼らの足しか見ないですんだけど。私たちはみんなとにかくビートルート(赤カブのような野菜)に目をやっていたから。おかしな子達よ。


―アンフィールドのトロフィールームに座り、クラブがどれだけ変わったか、こんな成功したチームで働いていて困難なことはあるのか、教えてくれた。

私は30年間このトロフィーを掃除し続けてきたけど、時間がたてば仕事も増える。トロフィールームは拡張し続けてるし、やらなきゃいけないことも増えてく一方ね。とにかくクラブは大きくなってるから、今では色々な職業があって世界中から人々がやってきてるの。


―彼女の仕事はどれだけチームの成功に貢献しただろうか。

練習前に選手が朝やってくるとね、彼らは特に何も食べてきてないから一目散にやって来てどんなものでも食べちゃうのよ。卵やチーズ、ハムとかいろいろ、それにトースト。お昼時はサンドウィッチ、あるいはシチューとラザニアを作ったわね。何か言えるとしたら、選手たちは私たちの作った料理ですべてを勝ち取ったわけだから、少しは役に立ててるんじゃないかしら。


―いい思い出があれば悪い思い出も蘇ってくるものだ。

ヒルズボロの悲劇はほんとトラウマね。すべての人が同じように悲しんだ。誰もケニーとマリナ(ダルグリッシュの妻)を攻めることなんてできないわ。二人は1日に15時間も電話に対応してた。選手たちの振る舞いも素晴らしかったわ。あの場に居たのと同じように辛かったわね。私たちはカールスバーグスウィートを開いたの。そこはオープンハウスで、お酒を少しだけだしてたわ。2週間はそれしかできない時もあったんだけどね。


―馴染みの顔であるレッズのレジェンドたちがアンフィールドに戻ってくると、退職間近のテレサの今の仕事は働き始めた頃とはかなり異なっている。さよならを言うのは心苦しい。

ここでの仕事を辞めるのはとっても寂しいわ。昔の選手たちが試合の日にここにきて、私は彼らに会ってこう言われるの、「おおテレサ、君はまだここにいるのかい?」って。試合ごとに退職のドアが近づいてくるのよ。働くのには悪くない場所よ、ほんと。選手は気遣ってくれるし、毎日違う働く楽しみがあるしね。




This Week's Poll Results
テーマ:1週間後にはプレシーズンマッチ! 最もプレーが見たい若手は?


 読者が今最も見たい若手選手は、スソでした。昨季のチェルシー戦のパフォーマンスやU20W杯での活躍から1/3以上の得票率となりました。しかしこの記事を書いてる時点でレンタルの噂が出ているので、リバプールのユニフォームを着た彼の姿が見れるのはもう少し先になりそう、残念。
 2位は25%の得票率でマーティン・ケリーがランクイン。昨季、早々にケガで離脱してから復帰まで長くかかっていますが、ダルグリッシュの見出した才能にはファンも納得。「怪我をなくして、レッズで本格的に活躍して欲しい」というコメントもあり実戦復帰が待たれます。
 3位は約20%の得票率でサメド・イェシルでした。こちらも「長期離脱からの復帰か…期待!」ということで、若くして「ドイツの未来を構うであろう選手」と言われるほどのポテンシャルがありながらケガで離脱していました。アカデミーはセンターフォワードがパッとしないのでぜひ奮起してほしいです。
 4位のジョーダン・アーイブはアカデミーで鳴らした攻撃力を最終節のQPR戦でも発揮。ポジションが被るスターリングと切磋琢磨し、たくさん「ゴールを狙って欲しい」ですね。

カテゴリ:インタビュー

インタビュー

ベニテス:なぜキャラガーをCBにしたか

  • 2013.07.03 Wed 11:03
ラファエル・ベニテスは引退するジェイミー・キャラガーに敬意を払い、9年前、なぜ23番をセンターバックに起用したか教えてくれた。

Liverpool FC Official - Rafa: Why I moved Carra to the middle 16th May 2013



ベニテスがやってきた2004年、キャラガーは既にサイドバックとして立派にやっていた。

スペイン人監督が下した決断の一つは、このスカウスを話すDFをリバプールの心臓部でサミ・ヒーピアと組ませることだった。そしてこの2人組はその後、CLとFA杯を制覇する中で難攻不落の要塞となった。

ドキュメンタリー「キャラガー」の中で、ベニテスはこの今や伝説的なDFのポジションを変えるという判断は、彼がマージサイドにくる前から考えていたということを明かしてくれた。


私たちはバレンシアでリバプールと戦っていたから選手のことは知ってたんだ。

相当数のレポートがあって、だから彼は恐らくセンターバックの方がいいのではないかと思っていたんだ。彼の技術や体格が理由だよ。それに試合を読むことができる。

サミ・ヒーピアとは非常に良いパートナーシップを示した。互いを補い合っていたからね。

サミは空中戦で敵なし、キャラは常に守備陣を統率していたよ。



ベニテスは、彼がアンフィールドで指揮をしていた6年間で収めた成功には、キャラガーの態度や性格が大きな意味を持っていたと言う。


彼のあの性格は若い子たちにはいいお手本だ。

彼は非常に負けず嫌いでいつも勝利を目指していた。それは仲間にとってとても大事なメッセージだったよ。特にアカデミー上がりの地元出身の選手にはね。

彼はチームに欠かせない存在であり、監督として私にとっても重要だった。なぜなら彼はどんな練習でもがむしゃらに練習していたんだ。

6年で何度も決勝に進んだが、そこではその人の性格が出るんだ。

今は彼と言えばイスタンブールで足をつって倒れていたイメージがすべてだが、ああいうのこそチームにいて欲しいタイプだね。



This Week's Poll Results

テーマ:4人の新戦力で最も期待できるのは?
poll0629_2.png

結果は60%近い支持を得てイアゴ・アスパスが最も期待される選手となりました。投票した理由には
・得点力アップが期待されるから
・セルタの得点数の約半分を彼が稼いだから
という攻撃力増強に期待する声がありました。昨季リーグ4位の得点数となった攻撃陣に磨きが掛かれば、TOP4もより現実味が増しますね。また移籍時のリアクションとは裏腹に、コロ・トゥーレに期待する票が一定数あったのも面白い結果となりました。一方、リバプールへの熱烈なコメントで好意的な印象のルイス・アルベルトは、意外にまだ実力を疑問視する人が多いのかもしれません。
昨日からプレシーズンのトレーニングが始まっています。はたして各選手がどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか、今から楽しみに待ちましょう。

カテゴリ:インタビュー

Comments
<>+-
Categories

openclose

League Table
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。