Twitter RSS FacebookPage

スポンサー広告

スポンサーサイト

  • --.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

その他ニュース

胸に咲くポピーの花

  • 2014.11.11 Tue 20:46


プレミアリーグを見る皆さんなら一度は目にしたことがあるであろう、胸に着いたポピーの花。

国外の(日本の)ファンからすれば、シーズン中なんか赤いマークつけてる時あるよなーくらいの認識が大多数じゃないでしょうか。

けれどフットボールの本場イギリスにとってはとっても大切な時期なんです。

今日はプレミアリーグファンとして、少しイギリス文化に触れてみましょう、そんな感じでお送りします。




・戦没者追悼記念日(Remembrance Day)とRemembrance Sunday


戦没者追悼記念日は1918年11月11日に第一次世界大戦が休戦したことを記念した日です。

第一次大戦によってイギリスは90万人以上の犠牲者が出ました。

この11月11日の午前11時には、イギリス全土で2分間の黙祷をします。

そしてこの日に最も近い日曜日をRemembrance Sundayとし、追悼式典はこの日に行われます。


・ポピー(ひなげし)の花

ポピーの花は「フランダースの野に(原題:In Flanders Fields)」という詩によって、追悼記念日の象徴として親しまれるようになりました。

ポピーは、第一次世界大戦中のフランダースでいくつか最悪の戦場となった場所に咲きました。

ポピーの花の鮮明な赤色が戦争で流れた血のシンボルとなったんです。




・プレミア流の戦没者追悼記念日

このようにイギリスの人たちにとっては大切な日となっている、戦没者追悼記念日。

プレミアリーグの各クラブでは、記念日前の週末に各クラブで胸にポピーのマークを付けて試合に望むようになりました。

リバプールも毎年ポピーのマークを付けて試合を行い、そのユニフォームをオークションに寄付することで貢献をしています。

今年はthe Royal British Legionに寄付したようです。


今日は戦没者追悼記念日についてでした。

今まで赤いパッチに疑問を持っていた人もスッキリしたでしょうか?

それでは今日はこの辺で。

もっと詳しく知りたい人はこちら
赤いひなげしの花がシンボル  -英国の「リメンバランス・サンデー」とは? [小林恭子の英国メディア・ウオッチ]

[参考]
Reds to show respect with poppy shirts - liverpoolfc.com

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへにほんブログ村 サッカーブログ リバプールへ
スポンサーサイト

カテゴリ:その他ニュース

コラム

「運動量が足りない」って何?

  • 2014.11.03 Mon 15:28


プレミアリーグ第10節。セント・ジェームス・パークに乗り込んだリバプールがまたしても満足に攻撃できないまま脆弱な守備を突かれニューカッスルに敗れた。最近のリバプールはテレビの解説からネットのつぶやきまで「前線の運動量が足りない」と盛んに批判され、その攻撃の停滞感には多く悲嘆の声が上がっている。

けれども、ここで筆者はふと思った、「運動量が足りないとは何を指しているんだろう。」

「運動量が足りない」とは便利な言葉で、攻撃に閉塞感が漂っている時にそう言っておけばなんとなくポイントを突いて批判できている気になれる。しかし具体的にどこをどう改善すればいいのかがその言葉からは読み取れない。

そこで今回は「運動量」について考察したことをちょっと述べてみようと思う。

まずそもそも運動量の定義が曖昧だという問題がある。もちろん物理で出てくる運動量とは異なるし、サッカー用語としての適切な定義や対訳となる外国語もないので、つまりは日本でサッカーを語られる時に作られた造語だろう。ここを掘っても何も出てこないので、そこはよく動けてれば「運動量がある」、足が止まってれば「運動量がない」という言い回しを軸に良しとしよう。また今回は現在のリバプールに対する批判に合わせ、攻撃に関して述べられた場合を想定する。

それでだ、運動量が足りないという批判は、攻撃時の選手の出足の遅さや引いた相手を攻めあぐねている時の閉塞感を批判しているのだろうが、使用者は要は「動け!」と言いたい場合がほとんどだよねと。そりゃ選手の足が止まっているなら動けと言いたくなるのは分かるが、この批判には決定的に欠けている前提があると思うのだ。

ピッチ上の選手の動きは全てに意味が付される。FWが動けばマークのCBも動くし、CBが持ち場を離れればそこにはスペースができる。つまり選手は自分の動きにどんな意味があるのか、その影響がどうなるのかを考え、あるいは身体に染み込ませプレーしている。その判断の巧拙が試合の結果を左右し、時に見事な連携プレーを、時に失点につながる痛いミスを生み出す。

そう、動くためには「どう動くべきか」が判断できていなけりゃならない。この大前提が従来の「運動量が足りない」という言葉には全く意識されていないよねっていう。要するに、プレー中に足が止まっている選手がいた場合、それはつまり動かない(怠慢)のではなく、適切な動きがわからず動けない = 判断力が足りないということ。あるいは、身体能力やスキルが足らず選択肢自体が少ない場合。

ただ、身体能力やスキルが未熟で切れるカードが少ないならそれはもはや選手個々人の問題で、練習あるのみ。でも判断力が問題の場合は選手の問題ではないだろう。攻撃においてどう動くべきかが分からないのは、相手守備陣を崩す上で選手の取るべき行動が理解されていないことに他ならない。それはチームとして攻撃手法の方向性がないのか、あっても緻密さや汎用性に欠け対応できないのか。いずれにせよ監督の指導不足を意味している。足りない運動量を上げるのは、選手ではなく監督である。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへにほんブログ村 サッカーブログ リバプールへ

カテゴリ:コラム

コラム

1894年4月28日:リバプールとユナイテッドがライバルになった日

  • 2014.03.15 Sat 20:56
リバプールとマンチェスター・ユナイテッドは、初対戦からライバルと運命付けられていた。それはおよそ120年前のテストマッチ、リバプールがユナイテッド―当時はニュートン・ヒース―を2-0で破り実質的に降格させた時まで遡る。

LiverpoolECHO - A rivalry is born: The day Liverpool relegated Manchester United 13th Mar 2014




April 28, 1894
Liverpool 2-0 Newton Heath (Gordon, Bradshaw)


2部を優勝したリバプールと1部の最下位ニュートン・ヒース、どちらがトップリーグでプレーするか、試合は2チームにとって昇格・降格プレーオフの役割を効果的に果たした。

正に効果的だった。リバプールにとっては自動的に1部昇格するのに優勝は十分ではなく、代わりにフットボールリーグによって選ばれる必要があったのだ。

開始30分までに入ったパトリック・ゴードンとハリー・ブラッドショウによる2ゴールは、リーグの抱えるジレンマに拍車をかけた―結局はリーグはリバプールに有利な投票をすることになるが。

リバプール・エコーによれば、中立の会場として選ばれたイーウッドパークに「互いに強力なサポーター集団を送った。」また、レッズ―そうだ、当時のチームカラーはライトブルーとホワイトだった―はハイタウン(※マージーサイド州の北方)で試合に向けた特別な準備に取りかかった。

リバプールはいいスタートを切った。リバプール・マーキュリー紙、後のリバプール・デイリー・ポスト紙は、試合自体はコメントに値しないと感じたのだが、それは「リバプールはあらゆる点でニュートン・ヒースを相当上回っていることを示した」からだ。

マーキュリー紙はこう続けている。「正直に述べて、リバプールはかなり相手を手玉に取っていた。ニュートン・ヒースは試合のどの時間帯も自信なさげに、あるいは勝ち目がなさそうにプレーしていた、自分たちがボールを持っている時でさえ。」

それは意外ではなかった。リバプールは22勝6分、2位のスモール・ヒース(現バーミンガム・シティ)に8ポイント差をつけて無敗でディビジョン2を制したのだ。

対象的に、ニュートン・ヒースは好成績とは程遠かった。30試合してたった6勝、ダーウェンFCに5ポイント離されディビジョン1の最下位に終わっていた。

右の外側からゴードンが決めた1点目、小柄だが逞しいダンカン・マクリーンの強力な一発をヘディングで押し込んだのは前半20分のことだった。

その10分後、ジョン・フォールの守るゴールに襲いかかりリバプールは2-0にスコアを進める。ブラッドショウはノースウィッチ・ヴィクトリアFCから移籍し10得点をあげた良好なファーストシーズンに花を添えた。

リバプール・エコーはこの様子を、「リバプールは巧みなコンビネーションで駆け上がりいくつか良いシュートをお見舞いするも、フォールにうまく防がれてしまう。しかし右サイドと中央でスマートにパスを回すと、ブラッドショウが低い弾道のシュートを放ちフォールは敗れたのだった。」と報じている。

ユナイテッドも息を吹き返したが、アンドリュー・ハンナーとマクリーンの二人が上手く立ち回り2得点での勝利を見届けた。「リバプールのハーフ(※=ハーフバック:MFのこと)たちは見事に好ゲームを演じて見せた。」とエコーは続けた。

マーキュリー紙は戦術面に注目している。「試合はほぼ30分、リバプールのフォワードが賢く組織立ったフットボールで2点を確保した時に落ち着いてしまった。」

「2得点はヒースの選手たちの牙―例えボールを持っていようが―を抜くのにこの上なく効いた。ヒースのフォワードはマッカートニー、マクエー、マクブライドらリバプールの優秀なハーフバックを前になす術がなかった。」とマーキュリー紙は続けた。

マーキュリー紙は特定の選手を選ぼうとはしなかったが、マクブライド、ブラッドショウ、ゴードンのパフォーマンス、そして後者2人の「マンチェスターのチームの失墜をもたらした価値あるプレー」について言及している。

「金曜のサウスポートの海水浴場の喧騒でほとんど掻き消されてしまった(他の選手の活躍で霞んでしまった)」が、「チャンスを最大限に活用した」ヒュー・マックイーンも称賛に値する。しかし死にかけた彼の体験について詳しい情報は腹立たしいほど少ない。

シーズン終了に伴い、マーキュリー紙はそのシーズンがいかに「 チーム、監督共に信頼と祝福以外ふさわしくない」か、監督が選手起用と指導に優れていたかを記している。

さらに「チームが成し遂げたのは国中に興味と好奇心を掻き立てた事であり、それによってシーズン最も人気を博したクラブとなった。」と述べた。

試合は、マンチェスター運河が建設された事を巡り2つの都市が緊張状態となった年に行われている。(※マンチェスター運河ができたのがこの1894年だった) リバプール市による建設への抗議のため、運河の建設計画を許可するために必要な法律が1885年まで得られなかったのだ。

もしこれが都市間の対抗心の始まりだとしたら、これが二つのフットボールクラブのライバル意識の始まりとみなせるだろう。この二つの側面が複雑に絡み合っているのは偶然ではない。

最初の軍配はリバプールに上がった。しかし、それ以来両者には何度も互いに流れを引き寄せる機会が生まれている。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへにほんブログ村 サッカーブログ リバプールへ

カテゴリ:コラム

Comments
<>+-
Categories

openclose

League Table
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。